結婚式スタイルを選ぶ

宗派で違う結婚式の条件

プロテスタントスタイルの結婚式

純白のウエディングドレスを着て、神様の前で永遠の愛を誓うキリスト教の結婚式はいつの時代も女性の憧れです。キリスト教にはプロテスタントとカトリックの2派に分かれていますが、信者ではなくても教会で結婚式を挙げられるのはプロテスタントなので注意しましょう。ホテルや式場で挙げる式の場合はこちらです。カトリックの教会では信者であるか、新郎新婦のどちらかが信者であれば挙式できます。信者でなくてもいくつか条件をクリアすると受け付けてもらえる場合がありますが、披露宴があるのならば会場まで移動しなければなりません。自分の望む式のスタイルをよく考慮して選びましょう。

プロテスタントの結婚式スタイル

結婚式のイメージとして、厳かな教会で白いウエディングドレスを着て神様に永遠の愛を誓うというものを抱いている人もいるかもしれません。あの教会で結婚式を挙げたいと思っていても、宗派がプロテスタントかカトリックかで違ってくるので注意が必要です。カトリックは、この限りではありませんが新郎新婦・またはどちらか一方が信者であることが条件の場合がほとんどです。一方、プロテスタントスタイルでは信者でなくても式が挙げられ、ホテルや式場のチャペルで式を挙げることができます。カトリックであっても、条件をクリアすれば式を挙げられることがあるので確認しましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 結婚式を有名な教会で行う All rights reserved