神前式スタイルで結婚

日本古来の結婚式スタイル

神前の結婚式で目立つ!

結婚式といえば、白いウエディングドレスを着て教会で式を挙げるというイメージが根強いせいか、ウエディング情報誌を見てもあまり神前式の特集は組まれていません。それを逆手にとって、結婚式を伝統的な花嫁衣装で神社で挙げれば目立つことは間違いなしです。神社の参道では、滅多に見ることができない花嫁道中に惜しみない祝福をくれるでしょう。日本髪に白無垢というスタイルばかりだけでなく、洋髪に生花を飾って黒い引き振袖を着たモダンなスタイルでも全く問題が無いので、カツラに抵抗があっても気にすることはありません。神前での作法は担当の巫女さんが教えてくれるので安心です。

神前式スタイルの結婚式について

結婚式のスタイルの中に神前式というものがあります。これは、日本古来の伝統的な挙式スタイルで、様々な所作や作法をすることで、夫婦の絆が生まれ、深みのある日本ならではの良さがある結婚式です。家と家のつながりを大切にしたい、ふたりで行う儀式をすることで夫婦の愛を深めたい、日本人としての誇りと伝統を大切にしたいと思われる方がこの神前式を行うことが多いです。白無垢に包まれた美しい花嫁と日本男児ならではの袴姿の花婿、2人の姿はゲストから見ても頼もしく、感動的に見えるはずです。厳粛な雰囲気の中での奥ゆかしさが何よりもの魅力で、近年再び注目を浴びています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 結婚式を有名な教会で行う All rights reserved